ハイベース工法

写真│ハイベース工法

日立ハイベース工法は、30年以上の販売実績を有する露出型柱脚工法のパイオニアであり、多様化するユーザーのニーズに応えるために研究を重ね、現在、3つの柱脚工法(ハイベース・エコ®工法、スーパーハイベース®工法、SRCスーパーハイベース工法)をラインナップしています。
日立ハイベース工法は、アンボンドタイプの高強度アンカーボルトと剛性の高いベースプレートを使用しており、材料に関する国土交通大臣認定と工法に関する(財)日本建築センター評定を取得しています。また、ベースプレート、アンカーボルトなどの材料を日立機材が納入し、アンカーボルト設置、無収縮モルタル充填などの施工作業を日立機材認定の専門業者が行うことにより、柱脚の品質と構造性能の信頼性を高めています。

ハイベース・エコ®工法
スーパーハイベース®工法

写真│ハイベース・エコ®工法

中小規模の鉄骨造用に経済性を追求した露出型柱脚固定工法です。
品質、構造性能、施工性により多くの販売実績を有します。


写真│スーパーハイベース®工法

鋳鋼製ベースプレートを採用し、施工性・耐震性に優れた露出型固定柱脚工法です。
さまざまな鉄骨造柱形状や、鋼管コンクリート造柱にも対応できる多彩な商品バリエーションを揃えております。

SRCスーパーハイベース工法
クリアベース工法

写真│SRCスーパーハイベース®工法

非埋込型柱脚による機能的で経済性を追求した商品バリエーションで、SRC造建築物の耐震性をサポートします。


写真│SRCスーパーハイベースR工法

クリアベース工法は、中低層・小規模建築物における柱脚の価格性能比の向上と設計の簡便化を目指した被覆型弾性固定柱脚工法です。

ページ上部へ